星陵中学校
星陵中学校HPへ
星陵中学校入試情報はこちら
星陵高等学校
星陵高等学校HPへ
星陵高等学校入試情報はこちら
星陵高等学校進路情報はこちら
国際交流・留学

静岡星陵中学校・高等学校最新情報最新情報過去のトピックス

その他

部活動紹介が行われました。

最終更新:2018年04月07日

4月7日(土)部活動紹介が体育館で行われました。

各部活が新入生に向けて、部活動の良さをアピールしました。

 





新任式・始業式・対面式が行われました。

最終更新:2018年04月07日

4月7日(土)新任式・始業式・対面式が行われました。

始業式では、校長先生より何事にもチャレンジするようにと話があり、先日入学した新1年生を初め、全校生徒が真剣に聞く姿が伺えました。

春期休暇中の部活動の表彰後、各クラスの担任発表があり、生徒達から驚きと笑いの声があがりました。

最後に、今年度の体育祭のスローガンが発表されました。

星陵中学校・高等学校 平成30年度が始まりました。

最終更新:2018年04月01日

平成30年4月1日、平成30年度が始まりました。
星陵中学校・高等学校の桜も新しい年度の始まりを祝うかのように、美しく咲き誇っています。
地域のみなさまには、本年度も変革に挑戦する星陵の様子を見守っていただけますと幸いです。
みなさまにとって平成30年度がすばらしい1年になりますように。

 

<年度当初の予定>

 

【高 校】 新入生オリエンテーション 4月4日(水) 9:00~14:00

 

【高 校】 入学式 4月6日(金) 開式 9:00 ※受付 8:20~

【中 学】 入学式 4月6日(金) 開式14:00 ※受付13:30~

 

【中/高】 始業式 4月7日(土) ※午後、部活動紹介があります。

 

第41回星陵高等学校卒業証書授与式における校長式辞

最終更新:2018年03月01日

星陵高等学校 第41回卒業証書授与式にあたる校長式辞(全文)

 

春の息吹を感じる今日の佳き日に、平成29年度 学校法人静岡理工科大学星陵高等学校 卒業式を挙行できますことは、卒業生はもとより、教職員、生徒一同誠に光栄であり、この上ない喜びでもあります。本日、ご臨席賜りました皆様方に、生徒、教職員を代表いたしまして厚く御礼申し上げます。
41期生 429名の皆さん、卒業おめでとう。これまでの皆さんの、努力と、研鑽を、心から讃えます。また、今日のこの日まで、長きに渡り、皆さんの勉学を支え、励ましてこられました、保護者の皆様に、ここに深く敬意を表します。

 

本日のこの喜びは、卒業生の皆さんの「たゆまぬ努力」の結果であることは言うまでもありませんが、それ以上に、これまで、皆さんを慈しみ、育ててこられた、ご家族をはじめ、多くの方々の愛情と、ご支援のおかげでもあります。「生きている」ということは「誰かに借りをつくること」。「生きて行く」ということは「その借りを返すこと」という言葉がありますが、この「卒業」という人生の節目に当たり、お世話になった方々へ、素直に感謝の気持ちを伝えて欲しいと思います。

 

3年前の入学式で、坪井校長先生は「高い志と、確固たる目標を持つことの大切さ」を述べました。これからの厳しい時代を生き抜くために必要な力は「自ら考え、主体的に行動する力」であり、その力を身に付けるためには「高い志と、確固たる目標を持つことが大切である」という話です。
皆さんは、在学中の3年間若しくは6年間で、それぞれが「高い志と、確固たる目標」を定め、この学舎にて、学業、部活動、学校行事、生徒会活動等々、目の前の一つひとつに 誠実に向き合い、自分のベストを尽くしてきました。その日々の真摯な生き方の積み重ねによって、皆さん一人ひとりが、それぞれに「成長」してくれたものと確信しております。

 

さて、今、日本はグローバル化と少子高齢化により、社会が大きく変わろうとしています。今までの仕組みは大きく変容し、これまでの価値観が根本的に見直されつつあります。このような時代を生き、未来を切り拓いて行くために、君達に3つのメッセージを送ります。

 

1つ目は「自分という軸を、しっかり持とう」というメッセージです。これから君達が生きて行く世界は、色々な方向から「様々な強さの風」が吹いて来ます。その時に自分の「軸」が動いてしまうと、「風」が吹いていないのに「風」を感じてしまいますし、また「風」と同じ方向ばかり向いていると「強風」なのに「微風」と勘違いをしてしまいます。大切なのは「自分という軸をしっかり持ち」夢を実現するための「意思を貫く」ことです。

 

2つ目のメッセージは「物事が上手くいった時と、いかなかった時の対処方法」です。
人間生きているのですから、当然、上手くいく時といかない時があります。物事が上手くいった時、大切なのは「これは他人様がやっても、上手くいったのだ」という謙虚な姿勢を持つことです。「俺がやったから、上手くいったのだ」というような姿勢でいますと、やがて、鼻持ちならない天狗になり、周囲の人達から相手にされなくなります。
一方、いくら自分が頑張っても、上手くいかない時もあります。そんな時は「何故、上手くいかなかったのか」をしっかり考え、反省することが重要ですが、それ以上に、失敗をいつまでも引き摺らずに、気持ちを入れ替えて、前に進むことの方が、より重要です。「これは他人様がやっても、上手くいかなかったのだ」と考えれば良いのです。

 

3つ目は「人生の大きさは、自分が持つヒューマンネットワークに比例する」というメッセージです。これから先、君達誰しもが、遅かれ早かれ社会人となり、やがて、大きな仕事を任されるようになります。その大きな仕事を成功させる上で大切なのは「人の輪」です。しかし、その「人の輪」というのは、並大抵の努力では大きくなりません。場合によっては、自分を抑えることも必要でしょうし、相手の立場を考え、行動することも必要です。人との出会いを大切にし、出会った人には誠意を持って接して行く。それを繰り返すことで、自分に対する「信用」が生まれ、その信用が「信頼」を築き上げて行くのです。

 

この3つのメッセージは、国籍とか仕事内容、時代に関係なく、常に求められる能力であり、テストで測ることの出来ない、いわゆる「非認知能力」です。
今、日本は、若者に対しては「知識・技能・思考力・判断力・表現力」というテストで測ることが出来る「認知能力」を求めていますが、君達が社会人として一人前になる頃に求められる能力は、先程来述べている「非認知能力」です。
そういう意味でも、本校の校訓である「誠実な心で事にあたる」「友情の和を広げる」「厳しさを自ら求める」は非常に重要で、一生涯、実践して欲しい校訓であります。

 

終わりに当たり、保護者の皆様には、この3年間若しくは6年間、本校の教育活動に絶大なるご理解とご協力を賜りましたことに心から感謝申し上げます。私たち教職員一同は、これまで全力を傾注して指導にあたり、また、共に学んで参りました。前途有為な皆さんと共に、3年間若しくは6年間、同じ学舎で過ごせたことに感謝しつつ、皆さんを送り出すことができます。
それでは、卒業生の皆さんの洋々たる前途が健やかで、幸多きことを心から祈念して、式辞といたします。

 

平成30年3月1日
学校法人静岡理工科大学星陵高等学校
校 長  渡  邉  一  洋

スキー教室を行いました!

最終更新:2018年02月19日

2月16日に、高校1年生全員でスキー教室に行きました!
本年度のスキー教室は山梨県のカムイみさかスキー場で実施しました。

初心者と経験者に分かれ、それぞれインストラクターの方と1日練習をしました。
はじめは全く滑れなかった生徒も午後にはリフトに乗ってコースを滑ることができるようになりました!
経験者の生徒はさすがといった滑りを披露してくれました。

普段目にすることの少ない雪にも感動しつつ、
各々の目標に向かって頑張る姿が印象的でした。

吹奏楽部クリスマスコンサートへのご来場ありがとうございました!

最終更新:2017年12月25日

12月24日、吹奏楽部のクリスマスコンサートがロゼシアター大ホールで開催されました。今年は例年以上に多くの方のご来場をいただくことができました。
当日は、会場一体となりクリスマスの星陵サウンドを楽しんでいただきました。
ありがとうございました!

12月24日(日)吹奏楽部クリスマスコンサート開催!

最終更新:2017年12月20日

星陵中学校・高等学校吹奏楽部によるクリスマスコンサートがロゼシアターで開催されます!

日 時

12月24日(日) 12:30開場 13:30開演

 

会 場

富士市文化会館ロゼシアター大ホール

 

入場料

500円(中学生以下無料)

 

全席自由/当日券あります。

 

富士山世界遺産センターオープン記念祭に出演!

最終更新:2017年12月20日

12月23日(土)、富士山世界遺産センターオープン記念祭に本校生徒が出演します!

 

会場

富士山本宮浅間神社ふれあい広場特設ステージ

出演

星陵中学校バイオメタン活動報告(会場入口テント 終日)
星陵中学校・高等学校リアリーダー部(メインステージ 9:50頃)
星陵中学校・高等学校書道部(メインステージ 10:40頃)
星陵中学校・高等学校演劇部(メインステージ 14:40頃)

 

※全体の進行により多少時間が前後する可能性があります。

 

星陵生のパワーで、地元富士山と世界遺産センターの完成を盛り上げたいと思います!

 

星陵中バイオメタン活動「低炭素杯2018」ファイナリストへ!

最終更新:2017年12月18日

星陵中学校で推進しているバイオメタンの活動が、このたび「低炭素杯2018」のファイナリストに選出されました!
「低炭素杯」は、次世代に向けた低炭素型社会の構築を目指し、全国の多様な団体が取り組む地球温暖化防止に関する活動を表彰する制度を通じ、様々なノウハウや情報を共有してさらなる活動への連携や意欲を創出しようというものです。
本年度は全国から1077団体の応募がありましたが、その中で星陵中学校の取り組むバイオメタン活動がファイナリスト30団体の中に選出されました。
平成30年2月15日(木)に日経ホール(東京都千代田区)で開催される低炭素杯2018で最終プレゼンテーション審査に挑戦します。

(低炭素杯2018 https://www.zenkoku-net.org/teitansohai/

 

【星陵中学校のバイオメタン活動の名称】

バイオメタンを利用した新しい暮らしを提案する教育プログラム

 

【活動の紹介】

本校ではバイオメタンに関する教育・研究活動を展開しています。バイオメタンシステムでは、生ゴミなどの有機性廃棄物から可燃性ガスと液体肥料を生成することができます。
これまでに、校内にバイオメタンを生成する施設の設置、出張講義や室内実験と発表会を実施することで、生徒への環境教育を展開しました。
また、生成したバイオメタンを聖火として燃焼するための活動、液体肥料で作物栽培を実施することで、生徒の課題研究活動を促進しています。

 

【アピール内容】

バイオメタンは有機性廃棄物から生成できる再生可能エネルギーであり、地域の資源を有効活用することで低炭素社会づくりに貢献ができます。
また、中学生が主体的に地域とともにバイオメタンを生成する活動を展開することで、次世代を担う子供たちだけでなく、地域住民の環境意識の向上とライフスタイルの変革が期待できるものです。

 

吉原第一中学校1年生が学校見学に来てくれました!

最終更新:2017年11月29日

吉原第一中学校1年生の23人の生徒さんと先生が星陵高校の見学に来てくださいました。
生徒さんたちには、学校の施設見学のほか、星陵高校の教員による模擬授業体験や在校生との座談会に参加し、高校生活について理解を深めていただきました。
今回の見学が今後の中学校生活にプラスになればとても嬉しいです。
吉原第一中学校の生徒のみなさま、そして引率くださいました先生、ご来校ありがとうございました。

次の10件 >