• 星陵中学校学校概要
  • 星陵中学校カリキュラム
  • 星陵中学校行事案内
  • 星陵中学校入試情報
  • 星陵中をもっと知る!
  • 二ヶ月が過ぎて
  • 教員募集
  • 新校舎に太陽光発電設備を設置しました
  • 星陵中学校スクールバス
  • 星陵中学校・高等学校のHPへ
  • 星陵高等学校のHPへ
  • 緊急情報
    現在、緊急情報はありません。

静岡星陵中学校最新情報過去のトピックス

第4回 星陵中学校卒業証書授与式にあたる坪井正明中学校長の式辞(要旨)

最終更新:2017年03月16日

「何事にも果敢に挑戦した3年間の努力をたたえたい」として始まった坪井校長の式辞は、中学校生活の3年間を校訓「誠・友・厳」実践の場であったと総括し、「多くの方の支えがあってこそ今日という日がある」と家族や周辺への感謝の心の大切さを説きました。

また、「何事にも誠意を持って取り組み、時には勝負にこだわりながらよきライバルとして競い合い、本気で取り組む中で育まれた友情の絆を大切にしてほしい」と校訓にふれながら生徒への思いを述べました。

さらに、今後15年の未来を想定し、AIやロボットの普及・発展といった社会環境の変化に対応すべく、「星陵の<美育教育>で培った『本質をとらえ、考え、表現する力』をいかんなく発揮してほしい」と未来のリーダーたちにエールを送りました。

最後に、100歳をこえてなお活躍する日野原重明医師の言葉を引用し、「鳥は飛び方を変えることはできない。動物も走り方を変えることはできない。しかし人は生き方を変えることができる」とし、恐れることなく「challenge」(挑戦)し、自分自身を「change」(変革)していってほしいと卒業生を激励しました。

むすびに、「米国では卒業証書授与式をCommencementと呼ぶが、これは同時に<あたらしい始まり>を意味する言葉でもある。ぜひ、星陵高校という新しいステージでまた新しく<challenge>していってほしい」と、卒業生の前途を祝福しました。