• 星陵中学校入試情報
  • 星陵中学校学校概要
  • 星陵中学校カリキュラム
  • 星陵中学校行事案内
  • 星陵中をもっと知る!
  • 新型コロナウィルス感染症対策 本校の取り組みについて
  • 星陵のバイオメタンプロジェクト(準備中)
  • 教員募集
  • 新校舎に太陽光発電設備を設置しました
  • 星陵中学校スクールバス
  • 星陵中学校・高等学校のHPへ
  • 星陵高等学校のHPへ
  • 緊急情報
    現在、緊急情報はありません。

静岡星陵中学校最新情報過去のトピックス

第8回 星陵中学校卒業証書授与式における在校生送辞

最終更新:2021年03月17日

送辞

 冬の厳しい寒さも和らぎ、星山の地にも春の彩りが見え始めてきました。星陵から望める美しい富士の山に見守られ、本日ご卒業なされる八期生の先輩方、ご卒業おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

 今、先輩方と過ごした星陵中学校での日々を振り返り、様々なことを思い出しています。

 二年前、私たちが入学したあの日。見慣れない光景と、はじめて出会う友達に戸惑い、緊張していた私たちを、先輩方は暖かく出迎えてくださいました。そのおかげで私たち新入生は星陵中学校の雰囲気に馴染むことができ、順調に中学校生活のスタートを切ることができました。その日から私たちの目に映る先輩方の姿は、学校生活のどんな場面においても魅力的で輝いて見えました。

 特に印象に残っているのは第八期生徒会主体で行われた「合唱コンクール」です。星陵中学校の行事は「生徒主体」であるため企画の段階から生徒自らが運営をします。
 そんな中、先輩方は、行事を円滑に進めるために、たくさんの失敗をしながらも、話し合いを重ね、試行錯誤し、大きな壁を乗り越えていらっしゃいました。
 そんな先輩方の姿を見て私たちは強いあこがれを抱き、今でもその背中を追い続けています。

 特に、昨年の春は、新型コロナウイルスにより三か月間の休校となったため生徒会を中心に生徒が企画していた行事もすべてなくなってしまいました。しかし、休校期間が明けると先輩方は、すぐに体育祭の企画を立て直していらっしゃいました。その迅速な変化への対応に私は感銘を受けました。
 またいつ休校になるかもわからない、不安定な中にもかかわらず、学校全体が盛り上がる様に、そして生徒の活動が活発になる様に行事の企画の練り直しと運営をされていました。
 予定されていた行事は新型コロナウイルスの影響により形を変え小規模な形になってしまいましたが 「できないからやらない」ではなく、「できない中で形を変えてやろう」の考えで企画の立て直しに取り組む先輩方の姿はとてもまぶしく大きくみえました。
 そのおかげで、休校期間中に薄れていた生徒同士の繋がりを回復させ全学年の団結力を高めることができました。

 今、こうして振り返ってみると先輩方が試行錯誤し、努力をし続けていた姿は常に私たちの目標であり、心の支えでした。

 今後は私たち九期生が学校の先頭に立ち、先輩方が築いてきた星陵中学校の「伝統」に彩りを加え、学校をより誇れるものにしていきます。
 まだまだ未熟ではありますが常に私たち後輩の前を歩き、お手本となって下さった先輩方の姿を見習い成長していきます。

 さて、現代は、テクノロジーの進化によって、あらゆるものを取り巻く環境が複雑さを増し、将来の予測が困難な状況にあることから、「VUCA時代」と呼ばれています。
 「VUCA」とは、「変動性」・「不確実性」・「複雑性」・「曖昧性」の英単語の頭文字を取った言葉で、「予測不能な状態」を意味します。近年では、科学技術の進化に加え、地球温暖化に伴う気候変動や異常気象、台風や地震といった災害など予測が困難な事象が次々に起こっています。
 また、昨年、急に出現した新型コロナウイルス感染症によるパンデミックは、人類が予測できる範囲にはない出来事でした。そのため、世界中の人々の生活は大きく変化をさせられ、経済も停滞させられました。
 現在、地球全体が一刻も早くこの事態を終息させるために、英知を集結し、対策を講じています。ワクチンの開発・接種の開始と、終息に向けてのわずかな光が見え始めてはいますが、まだまだ乗り越えていかなければならないことが山積しています。
 私たちには、この予測不可能な難局を如何に乗り越えていくのかの課題が突きつけられています。

 思えば、人類の歴史は、その時々に出現する困難との闘いでもありました。私たちは、様々な想定外の事象や未知の事象に対しても、持てる力を総動員し解決していかなくてはなりません。
 先輩方も、自らの夢に向かって歩みを進めていく中で、様々な困難が待ち受けていると思いますが、これまで培ってきた経験を活かし、そして、これからの勉学により、更なる大きな力を育て、目の前に出現する課題を乗り越えていってください。

 結びに、卒業生の皆様方のご健康と、ますますのご活躍を心からお祈り申し上げ、送辞とさせていただきます。

令和3年3月17日 在校生代表 佐野未侑