星陵中学校「学校概要」

校長メッセージ「21世紀型スキルを伸ばす教育」

国際的に活躍できる人材が評価される時代、ライバルとなるのは世界中の学生です。グローバル社会を生き抜くため、子どもたちには「21世紀型スキル」を身に付けてほしいと考えています。「21世紀型スキル」というのは、批判的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力、コラボレーション能力、ICT活用能力などです。

星陵高等学校では、確かな知、多様な経験、思考の訓練を通じて、豊かな人間性と高度な学力を兼ね備えた社会に貢献できる人材を育成してきました。

個性的で魅力的な学校作りのために設定した中期計画の成果は、学校全体の活性化、外部への発信力の向上、地域への貢献など、着実に未来につながる教育として評価されています。こうした、星陵にある卓越した教育環境と教育システム、進路指導実績を踏まえて開校した星陵中学校は、知育・徳育・体育・美育を4つの柱とする6年制中・高一貫教育と通し、知識技能の習得だけではなく、それらを「活用」した思考力や判断力、表現力の育成を重視した「21世紀型スキル」を伸ばす教育に取り組んでいます。

星陵中学校・高等学校では、「自ら思考し、行動する力」を大切にしています。学習も部活も課外活動も、自発的に考え、取り組んでいくことが、不確かな未来を切り拓いていく力になり、ひいては真の人格者を形作るだと我々は考えます。

星陵の生徒になる皆さん、まずは先生や仲間たちと楽しく充実した毎日を送ってください。生きがいのある生活の中から、自分の可能性を見つけ、開花させ、伸ばしていってください。それが、自分の希望に合った進路の発見につながります。

星陵中学校・高等学校での6年間を、将来に向けた道筋を見いだす時間とし、希望を手につかんで卒業していって欲しいと願うものです。また保護者の皆様にも、そうした生徒たちの成長を絶えず見守っていていただきたいと思います。

学校法人静岡理工科大学 星陵中学校校長 坪井 正明

校訓・教育目的・教育目標

星陵中学校「校訓・教育目的・教育目標」